長野県で子どもと遊ぶ・暮らす・学ぶ・出かける!

Kids Komachi Web

【新築】大きな収納と確かな性能 好きなものを丁寧に選んで すっきり快適な暮らしが実現

2019/9/10

(佐久市 / O邸 / 夫婦+子ども3人)

家を建てる前は、お隣にあるご主人の実家に同居していたOさん一家。3人の子どもたちが大きくなり始め、手狭になることを見越して新築の検討を始めた。展示場や見学会もいくつか見て回ったが、「何か違う、物足りない、という思いがずっと拭いきれずにいました」と、ご夫妻。

 

トモノの住宅に出会ったのは、ふと見た雑誌がきっかけだった。「まず、アイアンのテイストや取り扱っている自社製品の雰囲気が気に入りました」と、奥さま。見学会に参加して、ここにしようと決めたというご主人は、「丁寧にこちらの思いを汲み取ってくれるところ。それでいて、細かいところまで言わなくても意思が通じることが多々あったのが決め手でした」と、当時を振り返る。

 

農家を営んでいるOさんご家族。「土で汚れて帰ることもあるので、土間は広くとりました。作業着の脱ぎ着にも便利ですし、汚れても掃除がしやすくて助かります」。家を建てるならば外せなかったという薪ストーブは、間取りの都合上土間の一角、リビングの隅に設置した。家全体が暖まるのか不安だったという0さんご夫妻だが「結果、大正解でした」と、満足げ。「家自体の断熱性が高いので、つけるとしっかり家中が暖まります」と、奥さま。土間なので汚れも気にならず、ススを気にして色を変えた壁紙も空間のアクセントとなった。夜はストーブの前に椅子を出し、火の番をしながら自分の時間を過ごすのがご主人の日課だ。

 

家族の思いを詰め込んで完成したのは、気兼ねなくのびのび過ごせるオシャレな我が家。元気な声がいっぱいに響く、たのしい暮らしがスタートした。

ナガノの家 Vol.12 2019年秋・冬号掲載掲載)

全面木目のアイランドキッチン。目隠しを最小限にして、見た目すっきり。当初予定になかった背面のタイルと飾り棚。ご主人の提案で取り付けが決まり、結果、奥さまも大満足の仕上がりに

対面式で開放的なキッチン。元気な三兄弟も、お母さんがキッチンに立つと自然とそばに集まってくる

ダイニング、リビング、和室から土間までがひとつにつながった1階部分。窓辺に吊るしたハンモックは、3兄弟のお気に入り

ボルダリングの壁はグレーに塗装。カラフルなホールドは部屋のアクセントにも

子どもたちが家で楽しく過ごせるように、と設置したボルダリング。子どもの成長に合わせて位置を変えられる工夫も

畳スペースは3兄弟の遊び場。段差を生かした引き出しには、ランドセルなど学用品をまとめてスッキリ収納

2階の子ども部屋は、後からふた部屋に区切れる設計に。明かり取りの窓を多く設けたことで、風通しも良く気持ちがいい

「アイアンと木の組み合わせや、白を基調にすっきりした雰囲気が好みでトモノさんに決めました」というOさん。階段上の大きな吹き抜けは、「どこにいても、家族の気配が感じられて嬉しい」と、奥さま

玄関から続く広い土間スペースは、3分の1が収納スペース。「靴だけでなく、アウトドア用品をまとめて収納できるのでとても便利」と、奥さま

「来客時も気兼ねなく使ってもらえるよう、独立させたかった」という、奥さまこだわりの洗面スペース。無駄なく、シンプルな空間に仕上がった

リビング横の洋室。ゲストルームや収納場所として利用しているが、ゆくゆくは寝室として使用する予定だ

L字型の外観。白い壁にレッドシダーのアクセントが効き、洗練された印象に。これから芝が張られる予定だ

 

 

  • 竣工年月/ 2018年 12月
  • 所在地/佐久市
  • エリア/佐久
  • 階数/2階
  • 工法/木造軸組工法
  • 延床面積/ 134.97㎡ ( 40.83坪 )
  • 1F/ 94.4㎡ ( 28.56坪 )
  • 2F/ 40.57㎡ ( 12.27坪 )

 


◆設計・施工◆

株式会社トモノ

 

雑誌「Kids Komachi」

信州で子どもを育てる家族と子どものためのファミリーマガジン!(店頭での販売は終了しています)

Kids Komachi

  • ナガノの家
  • Komachi BRiDE
  • Delicious×Komachi
  • 長野の葬儀
  • 信州うまい店
  • Web Komachi
  • 信州おいしいプチ旅